会社設立の仕方と登記

会社設立時には、会計期間や、機関構成、資本金、届出書(税務署・都道府県・市町村・労働基準監督署・ハローワーク等へ)等決めなければならないこと、提出しなければならない書類が多様にあります。

会社設立の際に一番の難関ともいえる定款のテンプレートや記述例が掲載されているサイトもあり、活用すれば簡単に作成できるようになってきました。

それでも、依然として登記の仕方については煩雑なこと多いため、会社設立には、会社設立代行サービスなどさまざまなサービスがでてきました。また、新会社法の制定によって、手続きの費用も小額でですむようになりました。

ここでは、会社ができあがるまでの簡単な手続きの流れを通して、会社組織にする仕方や設立するメリットやデメリットを解説していきます。