業務の許認可の確認

特定の業種においては、許認可等を受けなければ事業を行えないという規制があります。

この許認可の申請は会社設立後に行いますが、これらの許認可基準を満たすように開業準備をしていかなければなりません。

許認可の申請先は保健所・警察署・都道府県知事など様々です。

ある程度の目的が決まったら、許認可が必要かどうか商工会議所の相談窓口や都道府県の商工課などに確認すると良いでしょう。

会社設立後に許認可が必要な業種の一例

  • 飲食店
  • 喫茶店
  • 酒屋
  • 介護事業
  • 美容院
  • 理容店
  • クリーニング屋
  • 人材派遣業
  • 建設業
  • 不動産業
  • 中古車販売業
  • 古着屋
  • 骨董品屋
  • 貸金業etc