株式会社のしくみ

株式を発行することによって資金を集め、それを元手にして事業を展開する会社のことをいいます。

平成18年4月までは資本金1000万円以上、役員の人数を最低、取締役が3人・監査役1人そろえる必要がありましたが、平成18年5月の新会社法スタートにより、資本金は1円から、役員の人数は1人からで株式会社設立ができるようになりました。

1)1人の取締役(取締役会を設置しない)

2)2人〜10人の取締役(取締役会を設置しない)

3)取締役3人と監査役1人(取締役会を設置する)

さらに、株式会社設立手続も簡単になり、新会社法スタート前と比べると短期間で株式会社設立が可能になりました。

他の会社形態との比較についてですが、新会社法スタートにより、合同会社という比較的簡単に起業できる会社形態もできましたが、株式会社は世の中によく知られていますし、株を発行して第三者から出資してもらうことも可能なので、将来大きく事業を展開したい方にお勧めの組織といえます。